blogbanaer1.jpg

ボーリング場のマナーについて

老若男女、みんなが楽しめるボーリング。


c_fn000508_5_03

楽しくプレイするためにも、きちんとマナーを守ることが大切です。
マナーが守れていないと、従業員や、周りのボウラーから注意される事があります。
できるだけマナーを勉強してから、ボーリング場に足を運びましょう。

こちらでは、ボーリング場におけるマナーをご紹介します。

 

 

~守っておきたい!ボーリング場のマナー~


 

★ 隣同士のレーンで同時に投げない


レーン同士の距離は近いです。


同時に投げると、ぶつかってしまう危険性もあります。c_fn000508_8_01
また、集中して投げることも出来ません。

隣の人が投球する動きを見せたら、投げ終わるまで待ちましょう。

同じタイミングで投球動作に入った時は、右側の人が優先になります。

譲り合い精神を大切にしてましょう。

 

★ アプローチを汚さない


レーン手前の、助走をする場所をアプローチといいます。


このアプローチでは、すべり具合がとても重要になってきます。
そのため、アプローチを汚す事は厳禁となっています。

c_fn000508_5_02

アプローチで飲食をしたり、土足での進入はしないようにしましょう。

また、ボールを投げる人だけがアプローチにいるようにし、

複数人がアプローチに溜まらないように気をつけましょう。


もしアプローチを汚してしまったら、係員を呼んで対応してもらってください。


勝手に汚れをふき取ってなかったことにしたりしてはいけません。

 

★ ファールラインを超えない


レーンにはボールの滑りを良くする特殊なオイルが塗ってあります。


投球の際にファールラインを越えてしまうと、靴裏にオイルがついてしまうことになります。
その状態で歩くと、滑って転んでしまう危険性があります。

c_fn000508_1_02

また、靴を履いている当人だけでなく、アプローチについたオイルで別の人が躓いたり、

転んでしまうこともあります。


ファールラインを越えての投球は、スコアが0になる行為です。

気を付けるようにしましょう。

 

★ ロフトボール禁止


ロフトボールとは、腰よりも高い位置からボールを投げ落とすことです。


そうすると上からボールが落ちることになり、レーンにドスンと大きな音がなります。

大きな音は周りの人の集中も邪魔することになり、迷惑になります。
また、これを繰り返しているとレーンが凹んだり、傷がついたりしてしまいます。

投球する際には上から落とさないようにしましょう。

c_fn000508_5_01

★ 騒ぎすぎないように


気のおけない友人や家族とのボーリングはとっても楽しいですよね。


しかし、騒ぎすぎてはいけません。
ボーリング場は、複数の人たちがみんなで楽しんでいる場所です。

また、真剣に技を練習しに来ている方もいます。

楽しいのは分かりますが、大声で話したり笑ったり、踊ったりという行動はNGです。
節度を持って楽しみましょう。

 

ボーリング場で、心から楽しい時間を過ごすためにも、マナーを守るようにしましょうね。

また、上記のマナー以外にもボーリング場によって禁止されている行為や、

決まり、ルールがあるところもありますので、張り紙を注意してみたり、

気になることは質問するようにしてみてくださいね。

 

周りの常連さんと仲良くなる事ができれば、

投げ方のコツやカーブのかけ方なども教えてもらえるかもしれません。c_fn000508_1_01

マナーを守って楽しいボウリングライフを送りましょう。

 

新世界ボウリング.com 事務局 平野

 

※こちらから新世界佐藤をフォロー出来ます。
blogbanaer1.jpg