blogbanaer1.jpg

人は人、自分は自分

人は人、自分は自分
レッスンの際は一人一人に対してアドバイスをします。

それは、一人一人の体型や調子が異なるためです。

 

もし、複数の人が同じ点で良くないならば、その人達を集めてまとめて同じ話を聞いてもらいます。

 

それをしやすくするために、

レッスンの際に大まかな目的ごとにグループ分けを行うこともあります。

 

今回は何が言いたいかというと、

「他人に出されているアドバイスを聞かない。」

ということです。

 

例えば1box3名でレッスンをしているときなんかは、

片側のレーンで一人に話をさせてもらって、
もう片方で二人に投げていてもらうなんてことは普通にあり得ますよね。

 

そんなときには、黙々と投げておいて欲しいんです。

 

自分以外の人がアドバイスを受けているときに話に加わろうとする人がいます。

これはたまにではなく、結構頻繁に見られます。

 

しかし、その話は今話をしている方に向けた内容であって、

万人に当てはまることではありません。

 

ですから、他人が受けている話を聞いたら、自分の投げ方が悪くなってしまうかもしれないんです。

 

たくさんの情報を得たい。
少しでも多くの事を学んで帰りたい。

 

と思うことは決して悪いことではありません 。

 

でも、レッスンの際には自分の修正箇所だけに集中しましょう。

話を聞いて学ぶことは、その後からでも十分に間に合うはずです。

 

 

※こちらから新世界佐藤をフォロー出来ます。
blogbanaer1.jpg
URL :
TRACKBACK URL :

ここから直接Facebookに書き込み出来ます♪