blogbanaer1.jpg

ボールのホール調整。

ボールのホール調整。
僕はボールを楽に持つために

サムホールのテープ調整は必要不可欠だと思っています。


 

丸く開くホールに対して、

ほとんどの人の親指が扁平しているわけですから、

隙間ができるところが必ず生まれます。

 

基本的にボールの重さは、ボールに入っている指で支える訳ですが、

その入っている指の押さえつける力だけで支えている訳ではありません。

 

入っている指とホール内の面との摩擦力だってボールの重さを支える要因になります。

 

そう考えれば、隙間を埋めなかったり、弛い状態にしておくことは、

ボール内の面と親指が触れている面積を小さくしてしまうので、

 

ボールの重さを押さえる力だけに任せることになりますから、

より力を加わえやすい「握る」という選択を体が勝手にしてしまうようになります。

 

ボールを「握る」ことで、腕の関節の自由度がさがりますから、

スイングに固さが生まれて良いリリース、


良いボールにならなくなってしまうんです、

ですから、ボールホールを弛くしておくのはオススメできません。

 

※こちらから新世界佐藤をフォロー出来ます。
blogbanaer1.jpg
URL :
TRACKBACK URL :

ここから直接Facebookに書き込み出来ます♪