blogbanaer1.jpg

膝は大切にしましょう。

膝は大切にしましょう。
昨日、一昨日と膝について触れてきました。

 

ボウリングをする人の中で怪我をしやすい場所の一つで


怪我をすると普段の生活にも影響が出やすい所でもあるので、

膝の怪我の予防には気を配っていただきたいと思っています。

 

ちなみに僕はボウリングで膝を痛めたことは一度しかありません。

 

その際にお世話になったテーピングの先生から受けたアドバイスが、

仕事中の不注意で靭帯を痛めた後でも投げていられる原因だと思います。

 

その時のアドバイスを今回はそのまま書いていきたいと思います。

 

膝は負荷を掛ける前に脳から、

「今から膝が負荷を受け止める」

という信号が来て初めてその準備をします。
そして、その準備するための信号は足を爪先から着いたときに出るものなんです。

 

だから、踵から着くように最後の足を出すと、
その信号が出ない状態で膝に負荷がかかるので、膝への負担が大きくなります。

ということでした。

 

僕はこれに関して専門家ではないので、これ以上の説明を加えることもできません。

でも、教えてもらったことを忠実に守っているだけなのに、膝の痛みは出ていません。

 

ですから、爪先からスライドに入ることは膝を痛めないためにも効果はあるのだと思います。

一度自分のスライドの入り方を見直してみてください。


 

※こちらから新世界佐藤をフォロー出来ます。
blogbanaer1.jpg
URL :
TRACKBACK URL :

ここから直接Facebookに書き込み出来ます♪