blogbanaer1.jpg

ボウリングボールの選び方

ボウリングを楽しむ方の中には、


マイシューズやマイボールを持っている人もいます。c_fn000508_10_01


 

本格的にボウリングの技を磨いたり、

スコアアップなどの上達を目指すならそういう装備が必要になります。


 

しかし、そんなに頻繁にボウリング場へ通わない、または本格的ではなく楽しむ程度でボウリングをしたいなら、

ボウリング場の貸し出しシューズやボールを利用してみましょう。

 

楽しく出来るのが一番です。

 

そこで、もっと楽しくボウリングをするために、自分に合ったボールを選べるようになりましょう。

ここではボールを選ぶポイントについて書いていきます。

c_fn000508_5_03

 

~自分にあったボウリングボールを探そう~


 

■ ボールの重さ


まずは重さです。


ボウリングボールの重さは、だいたい6ポンドから16ポンドまであります。

 

1ポンドは約0.45キロです。

男性は12ポンドから15ポンドのボールを使っている事が多く、

女性は7ポンドから9ポンドほどのボールを使っている事が多いです。


女性でも、力のある方は11ポンドくらいを投げられます。


プロのボウラーなら、女子でも15ポンドのボールを投げられます。
ボウリングボールは重ければ重いほど、よくピンが倒れます。

c_fn000508_1_01

しかしその分腕力が必要となり、コントロールが難しくなります。

 

初めてボウリングボールを持った時は、重いと感じてしまう方もいると思います。

 

どのボールを選んで良いのか分からない場合は、まず様々なボールを投げてみましょう。

 

体重の10分の1が良いボールと言われていますが、腕力にも個人差がありますので、

投げてみて少し重いと感じたものを選びましょう。



■ 指が合うボール


重さが決まったら、次は自分の指に合うボールを見つけましょう。


c_fn000508_3_02


ボールには穴が3つ開いており、それぞれ親指、中指、薬指が入ります。

 

穴が小さいと、投げる際にスムーズに指が抜けない場合があり、

逆に大きいと振りかぶった時に後ろに抜けてしまう場合があります。

 

指に合わない穴だと、指に余計な力を入れることになってしまうのです。

 

時には指を傷めることにもつかながるので、自分の指にフィットした物を選ぶようにしましょう。

よくいわれているポイントが、中指と薬指は少しきつめにし、親指は抜けやすいものとなっています。

 

■ マイボールには


マイボールを選ぶのも、悩むものです。


マイボールには、安いものから高いものまで色々あります。

 

それぞれ素材や表面の加工などが違うので、自分のプレイスタイルにあうものを選んでみてください。

 

マイボールの動きは、ボールの表面加工によって大きくかわります。

 

複数のボールを所有して、プレイやレーンの状態に合わせてボールを変えるのもおすすめです。

c_fn000508_7_01

ボウリング場のハウスボールで、自分にピッタリな条件の物を見つけるのは難しいところもあります。

 

その点マイボールは自分の手に合わせて穴を開けますので、自分の手にフィットしたボールになるのです。

安いものでしたら数千円から作れるものもあるので、興味があるならマイボールを作ってみてください。

 

 

新世界ボウリング.com 事務局 平野


※こちらから新世界佐藤をフォロー出来ます。
blogbanaer1.jpg